近年では、赤ちゃんの頃から様々な教育を施すという、
いわゆる知育とよばれるものが注目を浴びています。
これは、教育によって能力や才能を伸ばすことであり、それは先入観などが少ない、
早ければ早い時期から始めると、より効果的であるとされています。

では、どんな方法があって、どんな工夫をすれば良いかなどを、さらに詳しく見ていきましょう。
そもそも、生まれたばかりの赤ちゃんというのは、よく物事を認識できないし、
物事を考える能力も乏しいはずなので、
そのような時期から教育を行っても意味がないようにも思えます。
しかし、既に完成されている能力もあり、代表的なものとして聴覚があります。
人間は意識しててもしていなくても、外部からの音は聞こえるようになっていて、
これは赤ちゃんだけでなく、たとえば臨終間近の人に最期まで声をかけてあげるように、
臨終間近であっても最期の最期まで耳は聞こえているとされます。
そのため、生まれたばかりの赤ちゃんに対する知育方法としては、
なにかおもちゃで遊ばせるというよりも、
絵本などの読み聞かせや、静かな音楽を聴かせることなどが効果的といえます。
さらに、最近では、妊婦のお腹にいる胎児の状態の子に、
クラシック音楽などを聴かせる人も多くなってきました。
これは、胎児の状態であっても耳は聞こえているので、
リラックス効果を高めるために行っています。
妊婦のリラックス効果もあるので、是非試してみましょう。

赤ちゃんが少しずつ大きくなってくると、徐々に体を動かし始めます。
この場合の知育方法としては、絵本や音楽を聴かせることに加え、
簡単なボールなどのおもちゃを与えてみましょう。
ボールを投げて遠くへ飛んでいくことや、地面で転がすなど、
見るもの全てが新鮮で、かつ脳に良い刺激を与えることになります。
素材が柔らかいボールなら怪我をする可能性も低く、
楽しみながら教育することが出来ます。
そしてさらに成長して、もっと動くことが出来るようになったら、
触れると音楽がなるものや、ブロックを穴に入れるようなものなど、
考えながら遊ぶことの出来るおもちゃを与えてみましょう。
最初は面白がってめちゃくちゃなことをやってしまいますが、
徐々に考えながら遊ぶようになるでしょう。
子供は遊びの天才なので、大人が考え付かないようなことを思い付くこともあります。
このように、日常の中で常に新鮮なことを与えることにより、
発想が豊かな子供に成長していくでしょう。

やがて少しずつ色や文字、数字などが認識できるようになったら、
与える知育関連のおもちゃに制限はなくなるでしょう。
この頃から大人が選ぶのではなく、基本的に子供がやりたいもの、
遊びたいものを与えるようにすることが大切です。

次に、赤ちゃんや子供の知育に関連して、注意するべき点や、
工夫すべき点などを挙げていきます。
まず一番重要なのは、本人が楽しみながら遊んでいるかを必ず確認することです。
よくありがちなのが、良い子供に育ってほしいという大人の希望から、
何でもかんでも無理に押し付けてしまうことです。
特に赤ちゃんは、嫌なことがあれば泣いて表現しますので、
合わなかったらすぐにやめることも大切です。
また、おもちゃを選ぶ際には、素材や形状にも気を配るようにしましょう。
最近販売されているものは、世の中の意見を反映して安心で安全なものが多いですが、
それでもアレルギーを持っている子などは素材に気を付け、
尖っているものや小さいものは、怪我や飲み込む危険性などに十分気を付けるようにしましょう。

そして、知育は赤ちゃんや子供の脳や体を健やかにする効果がありますが、
知的障害などの治療にはならないということも覚えておきましょう。
—————————————————————
ショップ名:ベビーギフトのお店『Hello Baby』
住所:〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1-34-6 アルファトムビル5F
TEL:022-343-9651
MAIL: info@hellobabybaby.com
HP: http://omutucake.jp/
アクセス:仙台市営地下鉄南北線 泉中央駅より徒歩3分
駐車場:駐車場は近隣のコインパーキングをご利用ください。
—————————————————————