おむつケーキのお店『Hello Baby 本店』のしについて

ギフト

シューズ

ミキハウス

facebook



 
熨斗紙

出産祝いののし(熨斗)について

 

Hello Baby のしのサービスについて


当店では以下のように3種類の柄をご用意しております。
ご購入の際に贈り先様とのご関係や、赤ちゃんの性別等によりお選びください。

無料のしサービス


のしのルールとマナー

出産祝い のしについて


出産祝いは、電話やメールでお祝いの言葉を述べるとともに、お祝いの品を用意することになります。
現金や商品券で贈ればまだ持っていないものや欲しいものを選んでもらえるというメリットがありますが、贈る側がプレゼントを選んで渡すということもあります。
プレゼントとして商品を購入した場合には、ギフト用としてラッピングしてもらう他にも出産祝いののしをつける必要があります。
のしは店舗で無料のサービスとして行われていることもありますが、ネットで購入したり手作りで用意したという場合には自分でラッピングやのしを用意しなければならないことになります。
のしは文具店などでも販売されているものですが、種類があるので間違えないようにする必要があります。
 

のしの結び方


のしには、大きく分けると二つの種類があります。
水引がリボン結びのようになっているデザインを蝶結びや花結びと呼ばれており、リボンは何度でもほどいて結び直すことができるという特徴から何度繰り返しても良いシーンに使用されています。
各種内祝いや誕生日のお祝い、新築や長寿のお祝い、お年賀やお中元、お歳暮などにも使用されますが、出産祝いでも使用されています。

もう一つの種類には結びきりがあり、結び直すことができないので一度限りが良いとされていることに使用されています。
結婚祝いや快気祝いなどで利用されているのですが、出産祝いでは子宝に恵まれるようにという思いもあるのでけして結びきりは使用してはなりません。
店舗で商品を購入してのしを付けてもらう時には、店舗スタッフに出産祝い用であることを伝えるだけで蝶結びを
選んでもらえるのですが、自分で購入する時には間違わないように注意をします。

蝶結び結びきり

 

名前の記載方法


のしには、水引の上段にお祝い、ご出産お祝いといった文字を入れ、下段には自分の名前を記入します。
夫婦連名で入れる場合には、夫の名字と名前を記入した横に妻の名前だけを入れるようにします。
職場や友人たちで贈る場合には、どのようなグループの一同であるかを記入し、贈る人たちの名前は別の紙に記入して中に入れるようにします。

名前夫婦


連名グループ

 

のし紙のつけ方、贈り方

のし紙のマナー


友達や親せきから、赤ちゃんが生まれたよと報告をもらうと嬉しくてお祝いをあげますよね。
その出産祝いの贈り物は、のしを付けて渡したり、配送するのが一般常識です。
しかし、のし紙の種類や書き方、つけ方、送り方はみなさんご存じですか。
意外と知らないマナーを紹介したいと思います。
 

のし紙の付け方

 

「内のし」と「外のし」のパターンがあるのを知っていますか。
商品につけてから包装するのが「内のし」で包装した上からつけるのが「外のし」になります。
どちらにしても正しいということはなく、贈り物の目的や渡し方、贈る気持ちに応じてケースバイケースになります。
どちらを選んでも失礼にはなりませんのでお好きな方にしましょう。

内のしにすると、包装紙を開けるまでその贈り物がなにの目的の品なのかわかりません。
すぐに相手に伝わらないのが特徴ですので、内祝いなどの控えめに渡したいときなどに使われる付け方です。
また、配送で送る場合にはのしが破れたりするのを考慮して、内側に貼ったりします。
この付け方は特に関西で好まれる傾向があるようです。

次に外のしは、上に付けるためその贈り物の目的がすぐに相手に伝わるのが特徴ですね。
贈り物をアピールしたいとき、すぐにその場で開封しない贈答の場合もこのつけ方にします。
また、直接相手に渡す場合もその付けかたがいいでしょう。
持参する最中に汚れたりしないように丁寧に扱いましょう。
特に関東で好まれる付け方のようです。

巻き方


贈り方


そして贈り方にも配慮が必要です。
出先で渡す場合は相手が持ち帰りやすいように手提げ袋の用意しましょう。
ほかには、重さのあるもの、大きさのあるものも気をつけてください。
赤ちゃんを連れて帰る相手の方には、とても大変になってしまいます。
電車や歩きの方にはお祝いのカードなどを渡して贈り物は自宅などに配送してあげるが優しい心遣いですね。
遠方などで自宅に配送する場合には、贈り物と一緒にお祝いのカードや手紙を添えてあげるとただ品物が届くよりも嬉しいきもちになりますよね。
 

のし袋の書き方

のし袋について


出産祝いとして現金を贈る場合は、熨斗袋に入れる事になります。
祝儀袋には様々な種類がありますが、正式にはのし紙と同じ柄の物で、さらに紅白の蝶結びの物を選びます。

のし袋
 

のし袋 表書き


表書きとしては、上段に御出産祝、祝御出産と書き、下段には自分の苗字、若しくは氏名を書きます。
自分だけで贈る場合は自分の名前のみですが、夫婦の場合は中心に夫の名、その左に妻の名を書きます。
会社等の職場から送る時は個人の名前を一つ一つ書くのではなく、○○一同と言う形にします。
ただ共同でお祝いを贈る場合は、一同と書かれていると誰が参加してくれているか分からないという事もあるので、中には出資したメンバーの名前を書いた紙も入れておきます。

表書き
 

のし袋 中袋


のし袋が1枚の場合は後は中に紙幣を入れるだけと言う事になりますが、中には中袋が有る場合もあります。
この場合は金額を記入する欄が設けてある場合はそこに何円入れたかと言う金額を書きます。
縦書きであれば漢数字、横書きであればアラビア数字にします。 漢数字を書く時は旧字体で書くという場合もありますが、これに関しては無理に使う必要はありません。

また、中袋には住所・氏名を書く欄が設けられている事もありますが、設けられていない場合もあります。
どちらのタイプでも、住所・氏名を書いておきます。

中袋
 

マナーとルール


封筒が縦の場合は縦書きで、横の場合は横書きで書くという事が基本です。
のしやのし袋に文字を書く時は筆、若しくは筆ペンを利用する事が多くなっています。
特に表書きを書く場合には利用する事が多くなっています。
中袋については、本来は表書きに利用した筆記具と同じ物を使って書く事になっていますが、書く欄のサイズによっては同じものを使うと文字がつぶれて読めなくなってしまう事もあります。
その場合はボールペンや他の筆記用具を使って書く事になります。
鉛筆の方が手軽に利用する事が出来ますが、消しゴムを使って簡単に消す事が出来る為、鉛筆は出産祝いだけでなく、他のお祝いの時にも文字を書く為には利用しません。

ページトップへ