おむつケーキのお店『Hello Baby 本店』出産祝いの基礎知識について

ギフト

シューズ

ミキハウス

facebook



 
出産祝いの基礎知識

出産祝いのマナーとルール、時期や相場と選び方


出産祝い マナーとルール


出産祝いは、贈るときのポイントや気をつけておきたいマナーやルールがあります。

出産祝いの形式は、プレゼントや現金、または商品券を贈ったり、最近ではお手紙や電報以外にメールでお祝いのメッセージを送る形式があります。
これらのお祝いを贈るにはタイミングが大切です。

まず前提として、出産祝いの贈り物は、出産のお知らせや産後の母子の健康状態が良いかを確認してから準備をします。
万が一、母子のどちらかの体調が優れないときに出産祝いを贈ってしまうと、相手側の負担になりますので注意しなければいけません。

また、母子の体調にもよりますが、生後7日〜1カ月までにお祝いを贈ることが一般的です。さらに贈るタイミングは地域によって違いもありますので、相手が住んでいる地域でいつ出産祝いを贈るのが最も良いかを調べることが最適です。

他にはお祝いを渡すときのマナーもあります。
それは、相手とよほど親しい場合以外は、自宅へお祝いを配送する方法がベストです。
出産直後の病院や自宅は慌ただしい状態です。
さらに出産後の母体は安静にする必要がありますので、相手の負担にならないように宅配便でお祝いの気持ちを伝えることがよいです。

訪問する場合は、出産から7日後から1カ月後のタイミングが良いとされていますが、病院への訪問は誘われた場合のみにすることがマナーです。
そして、突然押し掛けることは避けて、訪問当日に母子の体調面を確認することがルールです。

メッセージを送る場合は決まった書式はありませんが、相手の負担にならないように長文は避けて、お祝いの気持ちを伝えられるとよいです。

最後に出産祝いのプレゼントを選ぶ時のマナーとして、プレゼントは実用的なものを選び、贈った側も受け取る側もうれしくなるものがよいです。
ベビー服を贈る場合は、成長が早い赤ちゃんが大きくなっても着られるように80儖幣紊離戰咫蕊を選ぶと喜ばれます。

このように、いくつかのポイントやルールに気をつけて、出産のお祝いの気持ちを素直に伝えられることが理想的です。

出産祝いの選び方


友人や知人が出産した際に贈るのが出産祝いですが、きちんとした選び方を知っておくと便利です。

生まれたばかりのお子さんがいる家庭で特に重要となるのは、実はおむつです。
おむつは必要不可欠なアイテムですが、使い捨てのものは当然出費がかさんでしまいます。

ほかにも、お尻ふきのような消耗品はいくつあっても困らないので非常に喜ばれます。
それ以外であれば、タオルや肌着、よだれかけなども喜ばれるアイテムです。

生まれたばかりの赤ちゃんは肌が弱く、ちょっとした刺激で肌がかぶれたり、赤くなったり、傷ついてしまうものです。
そのため、赤ちゃんには肌に優しい素材のタオルや肌着を使う必要があります。
赤ちゃん用の製品は改めて買い直したりしなければならないので、そういった点でも素材にこだわったタオルなど肌に触れるアイテムなども魅力的な贈り物でしょう。

おむつやタオル、おもちゃなどがセットになったおむつケーキというギフトも近年では多く扱われています。
これは、おむつなどをケーキの形に見立てている物で、贈られた側も見て楽しいといった特別感が出るので、おすすめのギフトと言えます。

赤ちゃんが生まれるとお父さんとお母さんは自分たちのことはおざなりになってしまいます。
そのため、あえて大人向けの製品を贈るのも良いかと言えます。
疲れがちな二人のために、癒しグッズや家事などが楽になるような家電なども喜ばれるでしょう。

定番の贈り物であれば、おもちゃも挙げられます。
おもちゃは年齢によっても喜ばれるものが異なるので、産後であれば少し先のことを考えたおもちゃを贈ってあげると良いとされます。

相手の趣味が分からない、選ぶ時間が無い、という人はカタログギフトなども良いでしょう。
カタログギフトは、家にいながら相手の希望の商品を選んでもらえるので外れが無いという点が大きなメリットです。

このように、出産祝いのギフトにはさまざまな種類がありますが、選び方は人それぞれです。相手の事を考えて喜ばれる方法で選ぶのが最も重要だと言えます。

出産祝い 関係別-相場・金額の目安について


出産祝いは、赤ちゃんに贈る場合、赤ちゃんのお母さんに贈る場合、赤ちゃんの家族に贈る場合があります。
贈る人達の付き合いによって、贈る相手をだれにすればよいかを考えるようにします。
出産祝いの金額は、生まれた赤ちゃんやお父さん、お母さんとどういった関係にあるのかによって、違ってきます。

たとえば、赤ちゃんの祖父母にあたる人達の出産祝いの相場は、1万円から10万円くらいまでとなっています。
それぞれの家庭で、孫に贈りたい金額のものをお祝いとして贈るようになります。
出産後すぐに使うような衣類や寝具等が中心になります。

赤ちゃんの叔父や叔母、また伯父や伯母にあたる人達は、20代の独身者の場合は、5,000円くらいから、30代以上の人達は、1万円から3万円くらいが目安です。
あくまでも目安であるため、甥や姪のために特別な思いで祝福をしたい人達の場合には、相場を超えたものであってもかまいません。

友人や知人の場合は、5,000円くらいが相場となっています。
また、勤務先などで上司にあたる人達も、5,000円くらいが相場です。
部下の方から贈る場合には、3,000円くらいからとなっています。
会社等では、何人かでまとめてお祝いをすることもあります。
こういった方法の場合には、1人あたりの負担が少なくて済むため、特別親しくない場合には、何人かで贈る方法も有意義です。

出産祝いの品物は、同じものが重なる場合もあるため、希望を聞いて贈ることも良い方法となります。
赤ちゃんは日々成長するため、同じような品物がいくつもあっても、無駄になります。

現金で贈ると、何にでも使えるため、喜ばれることになります。
その際には、祝福の気持ちをこめたメッセージを添えるようにします。

品物だけが配送されることがないよう、マナーをわきまえて、出産祝いを贈ることが大切なこととなります。
また、もらった人達も、お礼を忘れずに、贈ってくれた人達に伝えるようにします。

出産祝い 時期と渡し方について


出産祝いはすぐに送りたいと思っている人もいますが、産後間もなくはまだ母親の体調が回復していない為、避けるようにします。
通常最適な時期とされるのは、退院後の命名日からお宮参り当日まで、と言う事になります。
また初産の場合は1週間ほど入院する事になる為、大体産後2〜3週間を目安にして贈る事になります。

贈り方としては直接渡す方法と、郵送にする方法の2つが有ります。
郵送の場合は相手のタイミング等を気にする必要はあまりありませんが、手渡しをする渡し方にしたいという時は、相手の体調を考慮する事になります。
そのため、突然訪問するのではなく、事前に確認する事を行います。
また病院に行って渡したいという人もいますが、病院の場合は家族のみが面会できるという所も多いので、事前に調べておきます。

出産祝い自体は出産したことをお祝いする物なので、その前に贈る事はしません。
もしかしたら何かトラブルが発生してしまう可能性もあるので、必ず出産後に母子の状態を確認してから贈ります。

通常は産後2,3週間を目安にして贈る事になっていますが、忙しかったりタイミングが合わなかったりして時期を逃してしまう事もあります。
お祝いなので生後1か月を過ぎたとしても贈り物をするのは失礼には当たりません。
しかし半年以内に贈る様にします。
1年近く過ぎてからお祝いしたいという時は、出産祝いでは無く誕生祝としてお祝いします。

また、祝いを受け取った側は出産内祝いをする事になっていますが、多くの場合はお宮参りの頃に贈っています。
そのため、贈るタイミングによっては既に他の人には内祝いを贈った後になっている可能性もあり、その時期によっては相手に内祝いを改めて購入させる事になってしまう可能性があります。
従って、出来れば産後2,3週間を目安に1か月以内には贈ります。

また突然の訪問やギフトの配送が届くと相手に負担になってしまう場合があるので、いつごろに訪問するか、祝いの品が届くかと言う事を事前に伝えておきます。

ページトップへ